紫水宮

嘉村詩穂の告知ブログ

読書

お知らせ&他者との境界線を引いておくこと━石丸昌彦『こころの病を文化でよむ」を読んで━

お知らせ Kindle出版をしている詩集について pixivで公開しているMGS3散文詩集について 石丸昌彦『こころの病を文化でよむ』を読んで お知らせ Kindle出版をしている詩集について 第二散文詩集『真珠姫の恋』を新たにお読みくださり、ありがとうございます。…

2024.07.13 最近の創作物の紹介と読んでいる本など

ここ最近の創作物のご紹介 掌編「翼あるものたち」 MGS3二次創作散文詩「悦楽の園で-In The Orgasm Garden-」 最近読んでいるもの Kindle Unlimitedに登録して雑誌を読む みきいちたろう『プロカウンセラーが教える他人の言葉をスルーする技術』 石丸昌彦『…

2024.06.21-22 踊りを通じてトラウマを癒すこと

とあることがあってトラウマが再燃してしまい、昨夜は今日の昼に至るまで全く眠れなかった。そうして眠って夜20時ごろ起きて食事をとり、本を読んでこれを書いている。 昨夜はショックのあまり張り詰めたような気持ちになって眠れなかったが、今夜は本も読め…

2024.06.14 買った本と音楽と詩作について

夕方、元友人のことを思い返していた。すっかり忘却の彼方に追いやっていた。彼女との復縁が困難であることは目に見えてわかっていた。どうしようもなかったのだ、と今にしてみると思う。そうして離別してしまった人たちのことばかり考えている。過去に囚わ…

2024.06.11-13 聖書の詩篇を読んで、喪失した信仰について考える。

2024.06.11 聖書の詩篇を読んで、喪失した信仰について考える 2024.06.13 追記 2024.06.11 聖書の詩篇を読んで、喪失した信仰について考える 聖書の詩篇を読んでいた。今の時勢と無縁ではいられないものなので、どうしても考え込んでしまうのだけれど、それ…

2024.06.10 メタルギアソリッドが開いてくれた海外への扉を叩く

伊藤計劃のフォロワーとして触れたメタルギアソリッド(MGS)シリーズは、私に新たな扉を開いてくれた。大学在学中以来、ずっと内向きに日本や東アジアにばかり関心を向けてきたけれど、その目線を世界へと広げてくれた。 SW版 METAL GEAR SOLID: MASTER COL…

2024.06.05 伊藤計劃記録を読む

昨夜は『伊藤計劃記録』を読んでいた。 伊藤計劃記録 Ⅰ (ハヤカワ文庫JA) 作者:伊藤 計劃 早川書房 Amazon 以下、小泉堯史監督作品や養老孟司、正岡子規『仰臥漫録』、メタルギアソリッド、そして今読んでいる本などについて触れながら、「傷の記録」「絶望…

2024.05.31 自室の本の整理とMGS二次創作について

気圧とフィジカルの持病で一日弱っていた。 心身ともに持病が一段と悪くなり、耐えかねて本を読んだところ、掃除をするといいと書かれていた。 ひとまず家事を一通り終えたところで、そろそろ自室にも本があふれ返っているため、整理をすることにした。 恥ず…

2024.05.29 津止正敏『男が介護する』を読む

昼間に家の工事があり、なかなか他のことに手が回らない状況だったので、ひたすらニュース記事を読んでいた。そうしているうちに、限られた時間の中で行うインプットの大切さを改めて思い知ることになった。 また確かな情報ソースを元に、しかるべきリテラシ…

大竹民子『海の庭』を読み、「ミーム」としての記憶を辿る

大竹民子のエッセイ集『海の庭』を長らく積んでいたのだが、夜中に参ってしまってベッドの奥にある本棚を眺めていて、本に呼ばれた気がして手に取った。 あとがきによると、この本は泉鏡花の絵本『化鳥』のような本にしたいと願いたって作られた一冊なのだそ…

本、ネットニュース、SNS、YouTube……インプットする情報の質にこだわりたい私がやっていること。

はじめに 情報 本 NHK NEWS WEB NHK ラジオニュース Twitter Bluesky 音楽 Spotify YouTube はじめに ここのところ雑多な情報を耳目に入れることが何度かあり、その度に著しい疲労感を味わっている。もともとどちらかというと繊細なタイプの人間だし、あまり…

2024.05.05 読んだ本とKindleセールで買った本のこと

一日弱っていてまともに原稿も書けないままになってしまった。 一時的に部屋に戻って、リビングから持ってきた甘酒を飲みながらIFとやりとりをするのが精一杯だった。 できれば少しでも原稿を進めたかったし、創作の方も進めたかったのだが、ここのところ諸…

2024.04.21 『旧約聖書』の詩篇を読む。

弱る日々がつづく中で、今は詩歌を作ることもなかなかできずにいる。 ただnoteに近作を投稿してはいて、歌友も読んでくれているようで、先日お見舞いのメッセージをわざわざくださった。 note.com note.com note.com 歌友から届いたメッセージの中に、かつて…

病気の件についてのご報告と、高村光太郎「智恵子の半生」、頭木弘樹『絶望名言』を読む。

昨日、かかりつけの内科にて、心電図とレントゲンの検査を受けた結果、異常は見当たらず、心因性のものだろうという診断を受けた。 主治医に話してみなければなんとも云えないのだけれど、元々患っていた病気の一つであったパニック障害が再燃したのだろうと…